トライオートFX

【リニューアル版】トライオートFX始め方。初心者でもリスクと仕組みが全部わかる!

 

どうもENOSUKEです。

 

トライオートFXで運用を始めて2ヶ月程ですが、順調に利益を積み上げてます。

 

参考初心者が1ヶ月でどのくらい儲けられる??資産運用開始1ヶ月の実績公開

続きを見る

 

トライオートFXは、投資に関してもFXに関しても完全な素人だった僕が、初めてチャレンジした資産運用です。

投資初心者の僕でも簡単に始められて、予想を超える利益を得ることができました。

今では毎日3000円くらいの不労所得が入って来ています。

年間利回りにすると現状33%!

今はちょっと出来過ぎなので、長期でこれだけ継続できるとは思ってませんが、年間利回り20%くらいを目標にゆるくやっていきたいと思ってます。

 

 

FX上級者、中級者にも使われていて利益を上げている方がたくさんいますが、特に「これからFXを始めてみたい」と思っている方や、資産運用初心者で「何から始めたらいいのかわからない」という方にはトライオートFXは非常に良い選択肢だと思います。

 

もちろんリスクの管理は必要ですし、継続して効果的に利益を積み上げていくには、ある程度の工夫や戦略も必要ですが、トライオートFXならまずは「低資金で運用して、慣れながら学んでいく」ということができます。

しかもその間にも利益を上げることが可能です。

 

上級者にも初心者にもおすすめなのがトライオートFXです。

ここでは初心者にもわかりやすいように、

 

自動売買について

トライオートFXの特徴」

トライオートFXの始め方」

「自動売買セレクトの運用方法」

「リスクの考え方」

 

について、FX初心者の方やトライオートFXが初めての方でも、これだけ見ればすべてわかるように、わかりやすくまとめたつもりです。

これを見てトライオートFXを始める投資仲間が増えてくれると嬉しいです。

 

FXの自動売買とは?

 

トライオートFXはFXの自動売買システムです。

自動売買(システムトレード)とは、人の手を介さずプログラムによって事前に決めていたルールで自動的に取引を行う方法です。

 

投資家が自分の意思で取引する裁量トレードでは、人の感情に左右されてしまうので、「きっとこれから相場が上がるはずだ」というような希望的観測が働いて、損切りできずに大きな損失を出してしまったり、「ここから下がるかもしれない」と不安になり利益確定を急いで、さらに大きな利益獲得チャンスを逃してしまったりします。

 

人間はプロスペクト理論で示されるように、目の前の利益を確実に得る為にリスク回避を優先し、損失を回避する為にリスクを取る傾向にあります。
FXで置き換えると、利益確定を早くしてしまい、損切りの判断は遅れるということになります。

 

一方の自動売買は感情を排除してプログラム通りに売買を行うので、人間の心理的影響による機会損失を無くすことができます。

また、あらかじめプログラムで決められた通りに売買を自動的に繰り返すので、画面に張り付く必要がなく、ある程度はほったらかしにしておいても運用できます。

24時間売買をし続けるので、寝ている間に効率的に利益を上げることも可能です。

 

FX自動売買のメリット

  • 感情に左右される事がなく、心理的影響による機会損失がない。
  • プログラムが自動で売買し続ける為、ある程度ほったらかしで運用できる。
  • 高度な分析が必要ない為、初心者でも運用できる。
  • 設定を同じにすれば、利益を上げている人と同じ運用ができる。
  • コツコツ利益を重ねていくので、長期的に継続して利益を上げやすい。
  • レンジ相場に強い。

 

レンジ相場とは?

レンジ相場とは為替レートが、ある一定の変動幅の価格帯の中を複数回上昇、下降を繰り返す、方向感のない相場の状態を指します。

 

相場の7割がレンジ相場と言われています。
レンジ相場に強い自動売買はそれだけ利益を上げやすいという事にもなります。

自動売買は裁量トレードに比べメリットばかりありそうですが、もちろんデメリットもあります。

 

FX自動売買のデメリット

  • 裁量トレードより実質手数料が高くつく。
  • トレンド相場など、相場の状況によっては設定したプログラムがうまく機能しないことがある。完全放置せず状況に合わせてプログラム変更が必要。
  • 予想を超える相場の大きな変動には対応が難しい。
  • 小さな利益を何度も積み上げていく方式なので、裁量トレードの様な一攫千金は期待出来ない。

 

利益を獲得できる確率が高いですが、システムの開発費などがあるため、裁量トレードよりは手数料は高く設定されています。

多くの自動売買プログラムは過去数年のデータを元に作られているので、相場が予測範囲を超えるような動きを見せた場合、対応できません。
その場合は、自動売買を停止し、レンジ内に戻ってきたら再稼働する、などの対応が必要です。

裁量トレードのように一度で大きく勝つような事は難しいので、相場予想が出来る上級者で、一攫千金を期待される方には向いていません。

 

ここで上げたデメリットは、完全放置せず最低でも毎日1〜2回は確認し適切に処置することでほとんど対応できます。
手数料は裁量トレードより高いですが、利益が取りやすいので許容できると思います。

上記であげたように、自動プログラムによるメリットは多く、高度な知識やチャートを読む必要もないので、自動売買は初心者が始めるのにとても良いツールです。

 

トライオートFX特徴は?

 

トライオートFXの特徴や仕組みはこちらの記事でまとめているのでご覧ください。

 

参考トライオートFXって何?特徴と疑問を全部解決します!

続きを見る

 

初心者でも用意されたロジックを選ぶだけで簡単に始められる「自動売買セレクト」や自由にカスタム可能な「ビルダー機能」。

他のFX業者と比べても「最狭水準のスプレット」やトータルコストが安いことなど様々な特徴を持ってます。

 

 

トライオートFXの始め方

 

ここからは実際にトライオートFXの始め方を具体的に説明して行きます。

まずはトライオートFXを運営しているインヴァスト証券で口座を開設するところから始めます。

口座開設は無料ででき、資金を投入した上で取引を始めない限りは、ただ無料の口座を保有しているだけで何のリスクもありません。

まだ始めるかどうか悩んでいる人はとりあえず口座だけ開設しておくことをおすすめします。

そうすればいつでも気軽に始めることができ、そのままやらなかったとしても何も問題はないからです。

 

口座開設は無料、とりあえず開設していつでも出来る準備だけしておく

 

こちらの記事で詳しく説明しているので、この手順にしたがって開設してみてください。

 

参考5分でできる!トライオートFX口座開設方法。2020年7月版

続きを見る

 

 

Myページにログインする

 

口座開設が無事完了したら、インヴァスト証券からログインIDと初期パスワードが記された書類が届きます。

インヴァスト証券ログイン ページへ行ってログインしましょう。

 

振込入金先情報登録

 

届いた書類に振込入金先と銀行名、支店名、口座種類、口座番号、口座名が記されています。

こちらをマイページで登録し入金できるようにします。

 

 

振込入金先にトライオートFXを選んで、情報を入力していってください。

 

 

入金する

 

登録した振込入金先に入金します。

入金には即時入金が便利です。
下記の7つの銀行から原則24時間いつでも振込手数料無料で入金できます。

 

 

まずはマイページ「入出金・振替」から即時入金を選択します。

 

金融機関を選び入金額を入力します。

 

実行をクリックし、選択した金融機関口座にログインし入金手続きをします。

 

以上で即時入金は終了です。

金融機関窓口、ATM等からの入金はマイページで振込先情報を確認の上手続きしてください。

 

 

トライオートFXの取引ツールにログインする

 

入金が終わったらトライオートFXを始める準備は全て整いました。

いよいよ取引開始です。

まずはトライオートFXの取引ツールにログインします。

右側の「トライオートFX」というところをクリックしてください。

 

 

ここで表示されるページがトライオート FXの実際の取引画面になります。

スマートフォンのアプリでも取引画面が見ることが出来るので試してみてください。

 

 

スマートフォンの画面もほど同様の画面が表示されます。

ここまで来たらあとは実際に注文を入れていくだけです。

 

 

注文を出して取引を開始しよう

 

初めての方は自動売買セレクトから始めるのがオススメです。
まずは自動売買セレクトを注文するところからやってみましょう。

 

自動売買セレクトの始め方

 

まずは取引ツール上で左側ツールバーから「セレクト」をクリックしてください。

 

自動売買セレクトのページにジャンプしますので、ここから好みのロジックを選択し、注文します。

ここでは例として「ハーフ_豪ドル/NZドル」を使って注文する方法を説明します。
この通貨ペアはレンジ相場を作りやすく人気が高い通貨ペアです。
僕も実際にこの通貨ペアで運用しています。

 

自動セレクトのページで「ハーフ」を選択し、その中の「ハーフ豪ドル/NZドル」を選んでから「詳しく見る」をクリックします。

表示順は「リターン順」「低リスク」「バランス」「人気」で変更できるので、実際に選ぶ際はそれぞれを参考にしてください。

 

 

すると選択したロジックのシュミレーション結果が表示されます。

下にスクロールしていくと、注文本数と注文内容が確認できます。

 

 

 

注意ポイント

シュミレーション結果は今後の結果を予想するものではなく、選択したロジックを2018/01から運用していた場合の結果です。

 

「今すぐ稼働」ボタンの隣にあるカートのマークをクリックするとセット数の変更ができます。

セット数を変更すると推奨証拠金や期間収益率などが変化するので、自分にあったセット数に変更しましょう。

 

 

 

シュミレーション結果と注文内容に納得できたら「カートに追加する」をクリックします。

 

画面が切り替わったら、上のツールバーの「カート」をクリックし、「注文を確定する」をクリックすると注文が確定され取引が始まります。

 

 

注文が終わると取引ツールに注文が表示されます。

 

 

以上のようにご自身で選んだ通貨ペアで同様の作業を行い、シュミレーション結果と注文内容を確認した上で、注文を確定し取引を開始してください。

 

最初は少ないセット数で取引し、実際の運用を体験して慣れていくのがいいでしょう。
1週間も稼働させれば仕組みがわかってくるので、そこから数量や通貨ペアを増やしていきましょう。

 

 

実際の取引画面、証拠金状況

 

取引ツールは大きく5つのパートに分かれています。

①メニューバー 報告書のダウンロードや通知設定の変更が行えます。

②取引メニュー トレードやセレクトの画面に切り替えます。

③証拠金状況一覧 資金配分や各種証拠金の状況を確認できます。

④入出金・振替  入出金メニューを表示します。

⑤ポートフォリオ  保有ポジションや自動売買注文ごとの詳細、損益を確認できます。

 

 

特に重要な「証拠金状況」について説明します。

 

 

 

それぞれの項目の説明です。

 

名称 概要
証拠金預託額 現在の預託証拠金の総額
FX有効証拠金 証拠金預託額 + 評価損益 - 出金指示額 ()内は有効比率
評価損益 現在の建玉の評価損益(リアルタイム)
発注可能額 現在発注可能な証拠金額
必要証拠金 現在保有している建玉を維持するために必要な証拠金
発注証拠金 注文中(未約特)の新規注文に係る必要証拠金

 

FXでは資金管理が何よりも重要です。

ここに表示されている資金はいつも気にしながら運用していきましょう。

 

 

操作ツールの詳しい取り扱いは、トライオートFX操作マニュアルを見るとよくわかりますので参考にしてください。

ただ操作は難しくないので、ここで説明した事以外は触ってみれば大体わかると思います。

 

 

 

リスクを考えた運用をしよう

 

運用を開始していくと含み損や必要証拠金が膨らんできて、有効比率(証拠金維持率)が下がっていくことがあります。

FX取引はロスカットされないように資金管理には常に気を使っていく必要があります。

ここではトライオートFXを運用していく中でのリスクマネジメントについて説明します。

 

ロスカットとは?

 

ロスカットとは損失が大きくなり、一定のレベルに達した時に、それ以上の損失を防ぐために保有している全ポジションを強制的に決済することです。

これは損失の拡大を防ぎ、投資家の資産を守る事を目的としています。
ロスカットされないまま、巨大な含み損を持ったポジションを持ち続けると、元金を上回る破滅的な損失を被る可能性があります。
ロスカットルールがあるおかげで、投資家の最低限の資金を温存できるようになります。

ただし、リーマンショックなどのように相場の急激な変動の場合、ロスカット判定が間に合わず元金を割り込む損失が発生する可能性もあります。

 

ロスカットは投資家の最低限の資産を守ってくれますが、ロスカットされた時点で、確実に損失が出ます。

つまりロスカットは投資家の負けを意味します。

トライオートFXは、資産を増やす為にやっているので、いかにしてロスカットしないように運用していくかが重要になってきます。

 

ではロスカットはどうようなタイミングで執行されるのでしょう。

執行タイミングはFX会社によって違いますが、トライオートFXでは有効比率(証拠金維持率)が100%以下になった時に執行されます。

 

有効比率(証拠金維持率)

 

有効比率

有効比率 = 有効証拠金額(証拠金額預託額 ± 評価損益) ÷  必要証拠金額 x 100

 

トライオートFXで運用する上で、この有効比率を管理することは非常に重要なので詳しく解説していきます。

 

 

上図は実際のトライオートFXの取引ツールから「証拠金状況」の部分だけ取り出したものです。

 

リニューアル後は「証拠金状況」の画面は上図とは異なりますが内容は同じです。 

 

自己資金300万円を証拠金預託額として投入し、運用開始しています。

運用した結果、証拠金預託額は56,650円増えて、3,056,650円に増加してます。

しかし評価損益が-54,587円なので、有効証拠金額は、3,056,650円 - 54,587円 = 3,002,063円になります。

そして、現在保有しているポジション(建玉)の合計必要証拠金額は273,400円となっています。

 

注意ポイント

保有している全てのポジション(建玉)の証拠金を合計します。
例えば、豪ドル/NZドルの1000通貨での証拠金が3,000円の時に、4,000通貨で注文した建玉を3つ持っているとします。
その場合、3,000 x 4 x 3 =  36,000円。
このケースでは必要証拠金は3,600円になります。
証拠金額については、こちらの表を参考にしてください。

 

以上の条件を踏まえて有効比率を計算してみます。

3,002,063円(有効証拠金額) ÷ 273,400円(必要証拠金) x 100 = 1,098.04% となります。

取引ツールの有効証拠金額の隣の()内にも同じ数字が表示されています。

これが有効比率の計算方法です。

 

つまり有効比率は、証拠金預託額に対して、必要証拠金と含み損が増加していくと下がっていきます。

 

ロスカットレートを知る

 

トライオートFXは長期的に運用する事で利益が含み損を超えていき、資産が増えていきます。

安全に、かつ継続して利益を上げていく為には、適切な資金管理をし、高い有効比率をキープしたまま運用を続ける必要があります。

その為には、今の相場があとどれくらい上昇、または下降したらロスカットされるのかを知る必要があります。
もちろん、頻繁に有効比率を気にしているだけでも危機管理としては有効ですが、ロスカットレートを具体的な数字で知る事により安全管理のレベルは格段にあがります。

ロスカットレートを知る事により、現在の相場の動き、過去の変動幅を鑑みて今の有効比率にどのくらい余裕があるのかが、より具体的にイメージできるようになります。

 

では、ハーフの「米ドル/円」を例にとって見てみましょう。

自動売買セレクトのから選びます。

 

 

証拠金預託額として100万の資金を投入したとします。

セット数は4セットにして資金が推奨証拠金額とほぼ同じになるように設定しました。

注文本数は売りと買いそれぞれ35本で合計70本になり、セット数が4なのでそれぞれの注文数量は4,000通貨になります。

 

今回は「買い注文」35本でロスカットのシュミレーションをしてみます。

100.70~107.50円まで20pips間隔で計35本の注文を4000通貨で取引します。

 

運用資金(証拠金預託額) 1,000,000
買い上限レート 107.5
注文間隔pips 20
注文本数 35
通貨数量 4,000

 

この場合、35本の平均レートは104.10円になります。

35本の必要証拠金はロスカットされる時のレートによって変わってきますが、各ポジションの必要証拠金は、便宜上平均レートの4% x 通貨数量で計算します。

ポジション必要証拠金 104.10 x 0.04 x 4000 = 16,656

通貨数量は35本合わせて 140,000です。4,000 x 35本 = 140,000

 

平均レート 104.10
1ポジションの必要証拠金 16,656
合計必要証拠金 582,960
合計通貨数量 140,000

 

以上のデータを元にロスカットレートの目安を出してみます。

ロスカットレート = ポジション平均 - (運用資金-必要証拠金)÷合計通貨数量 = 104.10 - ( 1,000,000 - 582,960 )÷ 140,000 = 101.12

 

目安ではありますが、このセットを運用中に相場が107.5円から101.12円まで下がったと仮定した場合、この資金だとロスカットしてしまいます。

では、この結果は果たしてどれくらいのリスクを抱えているのでしょうか?

その為には101,12円まで下落するという状態が、実際にどれくらい現実味がある事なのかを考える必要があります。

過去のチャートを見てみましょう。

 

 

2016年から2020年7月までの間に2回101円台まで下落しています。

2020年3月には新型コロナウィルスによる影響で、1週間ほどで107.5円から101.18円まで一気に下落しています。

ロスカットレートの101.12円まではギリギリ到達してませんが、スワップポイントなども加味していればロスカットされていたかもしれません。

2016年には数ヶ月間ロスカットレート付近に滞在しています。

こうして過去のチャートに照らし合わせてみると、この運用方法では、ロスカットが執行される可能性は十分にあると判断できます。

以上の結果より

ハーフの米ドル/円推奨証拠金通りの資金で運用し、何も対策を講じなければロスカットのリスクは高い

と考える事ができます。

 

このようにロスカットレートを計算すると、より具体的にリスクが見えてきます。

 

 

ロスカットのリスクを減らす運用

 

ロスカットのリスクを下げる方法はいくつかあります。

 

ロスカットリスクの減らし方

  • 事前にシュミレーションし、注文本数、設定を見直し自己資金にあったものにする。
  • 資金を追加し証拠金預託金を増やす
  • 有効比率が危険水域になってきたら、稼働ストップし新規注文をしないようにする。
  • 損切りをする。

 

事前にシュミレーションし、自己資金にあった取引をする

 

まずは根本的に、注文を入れる前にしっかりシュミレーションし自己資金にあった内容でリスクが少ない取引を行うべきです。

ロスカットレートを計算し確認するのと、有効比率を見て決めましょう。

上記で説明したように、推奨証拠金ではリスクがやや高いと考えられます。

推奨証拠金の2倍くらいの証拠金預託額を用意すると安全性はかなり増します。

例えば、上記ページでロスカットシュミレーションをした、ハーフの「米ドル/円」で証拠金預託金を倍の200万にすると、ロスカットレートは94円程まで下がります。

ここまで下がれば大分余裕がある運用ができるはずです。

相場は何があるかわからないので、余裕のある運用を心がける事が大切です。

 

資金を追加し証拠金預託金を増やす

 

同じ取引に対してより多くの資金を証拠金預託金として入金すれば、リスクは減らす事ができます。

しかしあまりに多くの資金をトライオートFXに投入して、年間利回りが1~3%くらいで運用することは資金効率が悪いのでオススメしません。

リスクと利回りのバランスを考え、適切な資金で運用しましょう。

 

有効比率が危険水域になってきたら、稼働ストップし新規注文をしないようにする

 

リスクを取りたくない場合は、有効比率1000%以上を目安に資金管理をするといいでしょう。

有効比率1000%だとレバレッジ2.5倍で取引している事になりリスクは少なくなってきます。

レバレッジは25倍まで効かせる事ができますが、安全に運用する為には2~4倍くらいまでにしておくのがよいでしょう。

 

レバレッジとは?

レバレッジとは「てこの原理」という意味を持っていて、FXではレバレッジを効かせる事により、少ない資金でその資金の何倍もの取引ができます。
トライオートFXでは、レバレッジ効果で、担保としてFX会社に預けた証拠金の最大25倍の取引まで可能です。
レバレッジを使う事により、FXでは少ない資金で大きな利益を得る事が可能ですが、反面、自分資金より大きな損失を出すこともあります。

 

トライオートFXではレバレッジの倍率を設定することはできません。

以下のような計算式で、現在のレバレッジを確認する事ができます。

 

レバレッジ = 2500 ÷ 有効比率

または

レバレッジ = 必要証拠金 x 25 ÷ 有効証拠金額

 

有効比率が625%を下回るとレバレッジ4倍を超える事になります。

僕の場合は、この付近を設定を見直す目安にしています。

 

もし自分で危険水域だと判断した有効比率まで下がってしまった場合は、稼働をストップして、新規注文を増やさない事が重要です。

保有ポジションが増えると必要証拠金額が増加していき、資産を圧迫していきます。
まずはポジションをこれ以上増やさない事が重要です。

 

損切りをする

 

損切りをして、損を確定する事によりポジション(建玉)をなくせるのでその分の証拠金がなくなります。

損切りは苦しい決断ですが、損失拡大を防ぐ為、今後投資する資金を残す為に決断することも必要です。

ただトライオートFXはリピート系自動売買の特性上、含み損は必ず出ます。

リスクに過敏になり過ぎて損切りをし過ぎると自動売買のサイクルに乱れが起き、利益獲得がさらに難しくなりますので注意が必要です。

 

可能ならば損切りが必要ないような余裕を持った運用をしていきましょう。

 

 

 

リスクマネジメントをしてトライオートFXで確実に稼ぐ

 

トライオートFXは初心者から上級者まで満足できる自動売買サービスです。

ここで述べたリスクマネジメント心がければ、長期間にわたって、多くの利益を得る事を期待できるツールです。

 

仕事をしながら、ほぼほったらかしで運用してくれるトライオートFX。

興味がある方はチャレンジしてみてはどうでしょうか?

投資初心者の僕も簡単に始められて、期待を上回る成果を上げることができてます。

僕と一緒にトライオートFXで不労所得を得る生活を目指しましょう!

 

ENOSUKEでした!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家ランキング

-トライオートFX
-,

© 2020 ESKの金儲けとダイエット